セミナー情報

【Web】栄養管理に必要な薬の知識講座①~嚥下にも関わる精神系に作用する薬~

テーマ その他
対象者 栄養士、管理栄養士、栄養士養成学校在籍中
開催日時 2022年11月20日(日)10:00~13:00

回線の接続開始は9:30~
開催地 Web(Zoomを利用したライブ配信)
※通信料は、受講者様の負担となります。

Zoomの使用が初めての方は、事前に接続テスト(音声・カメラ)をご依頼ください。
当日のお客様都合によるシステムトラブルは、対応いたしかねますのでご了承ください。

※ZoomのURLは、振り込みが確認できた後、講座開催日の3営業日前にお送りいたします。
受講料 5,000円

※『栄養管理に必要な薬の知識講座②~日常に密接な消化器系に作用する薬~』4,000円を同日受講申し込みで8,000円

テキストを郵送で希望の場合は1講座につき500円プラス(開催日1週間前に振込確認ができた方に限る)
定員 30 名
申込締切日 2022年11月16日(水)

セミナー概要

近年、栄養管理・指導を必要とする方の中に『心の病』の薬を服用している方が増えてきました。
その中には、病気からだけではなく、薬の作用が食欲に影響する方もいらっしゃいます。
又、身近な睡眠に関わる薬は、市販薬と処方薬では、成分も効き方も違うって知ってますか?
そこで、疾病の成立ちから薬の体内での働きを知り、食事管理に活かせる知識を増やしましょう!
この講座では、健康な生活に重要な『心』にかかわる精神系の薬をできるだけシンプルに学んでいきます。
又、高齢者施設などでも使用されている精神系の薬で起きる、ADL、嚥下、排便などの変化・影響についてもお話します。
日頃、高齢者を対象として業務をされている方も必見です。

内 容
1.脳内物質と心のバランスのしくみ
 脳内物質のバランスが様々な心の状態を作り出す。
2.睡眠薬・抗不安薬について
 睡眠薬と不安を抑える薬のルーツは同じ。
3.抗うつ薬・抗精神病薬について
 高齢者にも多く見られる気分の落ち込み・妄想・幻覚に作用する薬。
4.認知症治療薬について
 従来の症状の進行を抑えるものと、海外で使用されている新薬について。
5.その他、てんかん・パーキンソンなどに使用する薬について
 脳血管障害の後遺症、薬の副作用によっても起きる精神疾患について。
6.質疑応答

主催・共催

株式会社東洋システムサイエンス

このセミナーに参加を申し込む