セミナー情報

臨床栄養実践協会 6回シリーズセミナーin長野

テーマ 栄養ケアマネジメント
対象者 栄養士、管理栄養士、博士(栄養学)、医師、看護師、保健師、薬剤師、保育士
開催日時 第1回: 6月17日(土)・18日(日)
全6回の継続講座です。
開催地 JAビル12階
(長野県長野市大字南長野北石堂町1177番地3)
受講料 1回あたり(2日間) 12,000円
定員 ------ 名
申込締切日 2017年11月30日(木)

セミナー概要

■日時■
10:00~16:30

第1回: 6月17日(土)・18日(日)
第2回: 7月8日(土)・9日(日)
第3回: 9月2日(土)・3日(日)
第4回: 9月30日(土)・10月1日(日)
第5回: 11月3日(金)・4日(土)
第6回: 12月2日(土)・3日(日)

=================
病態の理解、アセスメント力、栄養診断に基づいたケア力を磨く基礎の座学と、なぜ?どうして?を考える力を延ばすことを目的とした研修です。
実際の症例をディスカッションしながら、アクティブに演習を行います。
入院患者・施設入居者の病態、経口栄養・経腸・静脈栄養から、生活習慣病に至るまでの栄養に関する検査や症状、薬物などを包括的に勉強します。

<メイン講師>
一般社団法人臨床栄養実践協会
理事長 足立 香代子

<場所>
JAビル12階(長野県長野市大字南長野北石堂町1177番地3)

<時間>
10:00~16:30(受付9:30~)

<参加費>
1回あたり(2日間) 12,000円

<講義内容>

第1回:6月17日・18日
・糖質・脂質・塩分制限だけでは無い変わり始めた生活習慣病の栄養指導方法
 (糖尿病・メタボ・脂質異常症・高血圧・腎疾患等)
 ・ブリーフセラピーに学ぶ効果的な関係づくりと指導

第2回:7月8日・9日
・栄養ケアプロセスの基礎、栄養摂取量からわかる栄養診断の導き方を学ぶ
・個人に合った目標体重の設定と各栄養素必要量
 (病態別、集中治療室、重症、高齢の患者など)

第3回:9月2日・3日
低栄養に関連する血液検査値・尿検査・画像の読み方
検査値が無くても触る・観る・聴く「フィジカルアセスメント」から栄養状態を判断


第4回:9月30日、10月1日
高齢者、摂食・嚥下障害、認知症患者の食支援と栄養管理
病院・施設給食の課題の見つけ方と献立対策
地域包括ケアシステム構築に向けた管理栄養士がすべき準備と知識

第5回:11月3日(金)・4日(土)
水分、体液バランス、電解質異常の基礎と栄養
診断からの原因の見つけ方(腎疾患、心不全、脱水、浮腫など)

第6回:12月2日・3日
がんの病態別知恵行と栄養代謝
(合併症、化学療法や薬物の副作用等を踏まえた栄養管理)
経腸栄養&静脈栄養の基礎知識とピットホール
経腸栄養における下痢・誤嚥・嘔吐など合併症と原因の見つけ方

講師

一般社団法人臨床栄養実践協会 理事長 足立 香代子

主催・共催

一般社団法人臨床栄養実践協会

このセミナーに参加を申し込む